1. ホーム
  2. 睡眠障害について
  3. あなたの症状は?
  4. 症状G / 寝ぼけ・寝言・食べてしまう

睡眠障害について


  • 症状A / 日中すぐ眠くなります
  • 症状B / なかなか眠れません
  • 症状C / 朝なかなか起きれません
  • 症状D / いびき・無呼吸で困っています
  • 症状E / 寝ていて体が動く、大声で叫ぶ
  • 症状F / 脚がむずむずして眠れません
  • 症状G / 寝ぼけ・寝言・食べてしまう

症状G / 寝ぼけ・寝言・食べてしまう

症状G / 寝ぼけ・寝言・食べてしまう

下記に当てはまる項目はありますか?

1
睡眠中に寝ぼけて歩く、会話する
2
寝ている間に食べてしまう

1.睡眠中に寝ぼけて歩く、会話する。

どんな病気が考えられますか?
ノンレムパラソムニア
てんかん関連性疾患

などが考えられます。
どんな検査をするの?
寝ぼけには、
  1. 夜驚(叫ぶ)
  2. 夢中遊行(歩く)
  3. 錯乱性覚醒
などがあります。
十分に覚醒していないノンレム睡眠期(特に夜間睡眠の前半)に多く見られます。
どんな治療をするの?

飲酒やストレスが原因となることがありますので注意しましょう。
薬物治療により、症状改善が得られます。当クリニックにご相談下さい。


2.寝ている間に食べてしまう。

どんな病気が考えられますか?
睡眠関連食行動障害の可能性があります

10〜20代の女性の3〜4%に見られます。
睡眠中に無意識に炭水化物や甘い物を食べることが多いのですが、食べている最中に目覚めることもあります。

どんな検査をするの?
どんな治療をするの?

寝不足や生体時計のズレも原因になることがあります。
生活習慣の調整と薬物治療によって、症状が改善します。当クリニックにご相談下さい。